光回線

BB.exciteってどんな光回線?MEC光とFitの違いなどを解説


excite(エキサイト)はどんな会社?

出典元:https://bb.excite.co.jp/

exciteはもともとポータルサイトや検索エンジンを運営していた会社です。

検索エンジンとしてはGoogleよりも早く運営を始めていました

早くからインターネット関連で事業を始めていた会社ということになります。

昔のIT企業にありがちですが、他の企業でやっていたサービスを次々に同じようなものを出していくという運営をしている会社です。例えばエキサイトメールや動画共有サービスの「エキサイトドガログ」、エキサイトモバイルなど他の会社でもしているようなサービスです。

そして採算の取れなかったサービスは終了させて、生き残ったもので収益を上げています。

同じようなやり方で運営してきたIT企業にはLivedoorや楽天などもありますが、もっと大きな例で言えばGoogleやYahoo!などもそうです。

なぜexciteの光回線なのか

通信速度が速い(平均ダウンロード速度300Mbps超え)

順位光回線平均ダウンロード速度平均Ping値
16位BB.excite光 Fit373.11Mbps (356件)30.05ms
21位エキサイトMEC光327.7Mbps (1043件)27.42ms
29位フレッツ光ネクスト276.82Mbps (52832件)22.53ms
34位ドコモ光268.76Mbps (62628件)22.18ms
47位エキサイト光178.17Mbps (105件)37.37ms
2022年1月25日時点のデータ

現在BB.exciteは「みんなの回線速度」というサイトの「光回線速度ランキング」で上位に位置しています。

一般的に光回線の通信速度は200Mbpsくらいになります(1Gbpsプランの場合)。そして300Mbpsを超えたら高速だと言われています。

「BB.excite光 Fit」や「excite MEC光」は平均300Mbpsを超えています。つまりexcite MEC光やBB.excite光Fitを契約した多くの人が300Mbpsで使える高速な光回線ということになります。

他の回線よりも高速だという結果が出ているBB.exciteはおすすめです。ただし平均ping値は少し遅いのでFPSのゲームなどがしたい方など注意してください。

BB.excite公式で詳しく見るにはコチラ

ただし、MECではない無印の「エキサイト光」はPPPoE通信なので通信速度が遅いです。エキサイト光はおすすめできません。エキサイトMEC光と間違えて契約してしまわないようにしてください。

価格コムの人気ランキングで上位

2022/3/8時点のデータ 出典元:https://kakaku.com/bb/ranking/?bb_houseType=1

BB.exciteの「エキサイトMEC光」は価格コムの人気ランキングで上位に来ています。

価格コムではプロバイダのページでとても多くの人が自分の契約した光回線をレビューしています。ここまで多くの人がプロバイダについてレビューしているサイトはなかなかないので参考にしています。

価格コムでの「エキサイトMEC光」の順位はソフトバンク光、eo光、コミュファ光、ドコモ光などの人気の光回線・プロバイダよりも上位となっています。

BB.exciteは5種類の光回線プランがある

BB.exciteのプラン(光回線+プロバイダ)特徴
エキサイトMEC光IPv6 IPoEを採用
BB.excite光 Fit段階料金制
IPoE対応
エキサイト光PPPoE接続で通信を行う
BB.excite光 10Gフレッツ光クロスを利用した最大10Gbps
BB.exciteコネクト with ドコモ光exciteがプロバイダになるドコモ光

BB.exciteは5種類の光回線プランを提供しています。

このように5種類も提供する光回線はあまりないです。フレッツ光ではネクスト、クロス、ライトの3種類です。

エキサイトMEC光はIPv6 IPoE通信に対応した光回線です。基本的にはこちらのプランを契約するのがおすすめです。

「エキサイト光(無印)」はPPPoE接続で通信速度が遅いのでおすすめできません。

光回線の料金を安くしたい方は「BB.excite光 Fit」が段階料金性となっていておすすめです。

段階料金制なのであまり使わなかった月は安くなります。一番高い料金でも月額5,830円となっていますが、光回線の中には料金が6,000円を超えているものもあるのでそこまで高くありません。

料金が安い(割引なし、定期契約なしでも基本料金5,000円以下)

戸建月額(定期契約なし)戸建月額(定期契約あり)契約解除料
エキサイトMEC光4,950円0円
BB.excite光 Fit3,520円~5,830円0円
NURO光6,100円5,200円(3年契約)10,450円
ドコモ光7,370円5,720円(2年契約)14,300円
auひかり6,930円5,610円(3年契約)16,500円
ぷらら光5,280円0円

BB.exciteは基本料金が他の光回線と比べて安いです。

「エキサイトMEC光」の場合、割引なしでも基本料金が月額4,950円となっています。

割引キャンペーン価格に注意:割引期間が終わると料金が高いところが多い

他の光回線ではキャンペーンや特典で割引料金となって、それで12ヶ月間~24ヶ月間くらい4,000円台になるところはあります。ですが割引期間が終われば基本料金が5,000円以上になります。

他の月額が安い光回線では通信の質が悪くて速度が出なかったり、そもそも最大速度が100Mbpsしかなかったりするところもあります

エキサイトMEC光の場合は最大1Gbpsですし、みんそくによる測定結果でも平均300Mbps以上となっているので光回線の中でも速い部類の回線となっています。

定期契約がある光回線では定期契約なしの料金がとても高い

またBB.exciteでは契約期間がないのでいつ解約しても契約解除料が掛かりません。

定期契約がある光回線では「定期契約なしのプラン」の月額がとても高くなるので基本的には定期契約ありで契約します。またソフトバンク光やSo-net光プラスのように「定期契約あり」のプランしかない光回線もあります。

ですが定期契約ありで契約した場合、更新月以外で解約すると1万円以上の契約解除料(違約金)がかかります

エキサイトMEC光では割引キャンペーンなし、契約期間なしでも4,950円ととても安くなっているのでおすすめです。

BB.exciteのおすすめ光回線プラン(MEC、Fitなど)

多くの方には「エキサイトMEC光」がおすすめ(IPv6 IPoE対応)

エキサイトMEC光」はIPv6 IPoE対応の光回線です。他の光回線と同じような1Gbpsプランです。

BB.exciteでは今までは「エキサイト光(無印)」でPPPoE接続を利用してきましたが、IPv6 IPoEを利用できるプランとして独立して「エキサイトMEC光」を提供しています。

他の光回線のように使いたい方は「エキサイトMEC光」を契約するということになります。

「エキサイト光(無印)」はPPPoE接続で速度が遅いのでおすすめできません。

エキサイトMEC光はみんそくでの平均ダウンロード速度が320Mbps以上出ていますし、基本料金が割引キャンペーンなし、定期契約なしでも4,950円となっていてとても安いです。

エキサイトMEC光は速さと安さを兼ね備えているのでコスパの高い光回線ということになるでしょう。

もし契約してみて思ったより速度が出なかったとしても解約手数料がないので別の光回線に乗り換えも楽にできます。

「BB.excite光 Fit」は段階料金制の光回線

出典元:https://bb.excite.co.jp/fit/

「BB.excite光 Fit」は戸建てプランの場合、一番安い時は月額3,520円、一番高い月額料金でも5,830円となっています。

一番高くても5,830円ですが、他の光回線・プロバイダによっては月額6,000円超えになる光回線もあるので高額ではありません。

以前は段階料金制のプランを出している光回線・プロバイダはそこそこありましたが、結局みんな光回線を契約したらたくさん使うので無制限プランばかりになりました。

スマホ5Gがメインの方におすすめ

ですが今はまた段階料金制プランの光回線を使いたいという需要は出てくると思われます。

まずスマートフォンで5Gになり高速化していきます。そうするとパソコンよりもスマホでネットを見たほうが楽という方も出てくると思います。

スマホのプランも定額制プランを契約して普段の通信で使い、家のパソコンではあまり使わなくなるという方も出てくるでしょう。

だからといって全部スマホで済ませるわけにはなかなか行かないので、そういう方はBB.excite光 Fitのような段階料金制プランを利用することはおすすめです。

一人暮らしの方が実家で使う時にもおすすめ

また就職先の近くに一人暮らしをしている方や、単身赴任の方、学生の方など一人暮らしをしている方が実家に帰った時にだけ実家でも光回線を使いたいという方もいるでしょう。

実家に帰っている時だけ光回線を契約するというのは難しいです。光回線を使えるようにするには工事をする必要がありますし、多くの光回線では解約すると契約解除料や撤去工事費などもかかります。

モバイル回線という選択肢もありますが実家ではエリア外だったり通信速度が遅かったりする可能性もあります。

なので段階料金制の光回線を契約すれば自分が帰った時は高速な光回線を使えますし、他の家族があまり使わなければ料金が安く済みます。

そういう方にはBB.excite光Fitがおすすめです。

段階料金制プランの光回線の中では高速

また、みんそくでの結果のようにBB.excite光Fitは段階料金制プランとしては高速です。

他の段階料金制の光回線では100Mbpsプランなどの低速プランで使われることが多かったですが、BB.excite光Fitは最大通信速度が1Gbpsのプランです。

またみんそくではMEC光を超えて平均ダウンロード速度が370Mbps以上出ています(ただし計測人数が他の回線よりも少ないので注意)。

普段はあまりパソコンではネットを使わないけど、たまにhuluなどで高画質な動画を見たくなるという方や、月に数回くらいで生配信をしたいという方などは高速な回線が必要になります。たまに高速な回線を使いたいという方におすすめです。

10Gbpsプランの「BB.excite光 10G」も提供している

「BB.excite光 10G」はフレッツ光クロスの回線を利用した最大通信速度10Gbpsのプランです。

BB.excite光 10Gのエリアは現在「東京23区、大阪市、名古屋市の一部」となっていてまだまだ狭いです。

他の10Gbpsプランならauひかりの場合、「東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部」、eo光の場合「大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県の大部分と福井県の一部」となっています。

ですがフレッツ光クロスは通信会社最大手のNTT系列なので設備投資をしてエリアを広げていくことは間違いありません。エリア外の方はこれからのエリア拡大に期待しましょう。

 「エキサイト光」、「BB.exciteコネクト」はおすすめではない

「エキサイト光(無印)」は以前まで使われていたPPPoE接続でのプランなのでおすすめはできません。普通の方は選ぶ必要はないでしょう。

コネクトはプロバイダですが、キャンペーン特典が微妙なのであまりおすすめはできません。

関連ページ

こちらのページも参考にしてください